ミラーレス一眼レフの本命

# かなり,久しぶりになってしまった.
# たまには,ブログを投稿します.(mixiの再掲です)


最近,ソニーやパナソニック,オリンパス製のミラーレス一眼レフカメラが流行している.しかしながら,現時点では,一眼レフカメラに比べて,オートフォーカスの精度や速度機能が不十分だ.


ここで,オートフォーカスの方式についておさらいしよう.


一般に,デジタルカメラはオートフォーカス(AF)機能が内蔵されているが,この機能では、被写体までの距離に応じて自動的にレンズのフォーカスを調整することが可能である。


いろいろな方式があるのですが、よく使われるものは以下の2点。


1.コントラスト検出方式
2.位相差方式


コントラスト検出方式とは、ピントがあっている領域のコントラストは、そうでないときに比べて高いという法則に基づいて画像処理でやる方式です。撮影素子以外の特別な機構なしに実現できるためコストが低いという利点があるのですが、どの方向にどれくらいピントがあっていないのかとうい情報が無いので試行錯誤的になってしまいます。そのため、ピントが合うのが遅い。


もうひとつの位相差方式は、三角測量の原理で計測する手法で、映像を撮影するための撮影素子とは別の機構が必要です。具体的には、カメラからきた映像をレンズで分割して、CCDセンサーでずれを測ります。ちょうど人間の目が奥行きを感じるのと同じで、二つの離れたセンサー(目)からの視差から距離を測定します。そのため、一眼レフカメラのようなミラーがあるカメラではないと実現が困難です。しかしながら、どれくらいピントがづれているかというのが分かるので、高速かつ正確にピントを合わせることが可能なのだ。


で、位相差方式の機能を撮影素子(CMOSセンサー)の中に埋め込もうとするのが、最近の研究開発の方向性です。一般的なCMOSセンサーは、格子状に無数の小さな光センサーが並んでいて、その光センサーから得られる値をもとに映像を構成しているのですが、その中の一部のセンサーを、ところどころ、位相差方式用のセンサーに置き換えるわけです。具体的には、ひとつの画素の光センサーを左右二つに分割し、その前にマイクロレンズを置くことによって、それぞれの画素に視差のある映像を獲得します。もちろん、その部分の映像は獲得できない欠点があるけど、とても小さな点なので、周りの画素から補完すれば大丈夫。


こうすることによって、CMOSセンサー単体で、位相差AFと同じ機能を実現できる。つまり、今のミラーレス機は、コントラスト検出方式しかないけど、位相差AF方式のミラーレス機は将来的に実現可能である.


で、最近の日経エレクトロニクスに、ソニーの撮像素子部門の副本部長へのインタビューがあって、そのなかに、比較的近い将来にできることとして、一眼レフカメラが搭載する機械式シャッターや測距センサの機能をCMOSセンサ単体で実現することを挙げています。


ミラーレス機の噂があってまだ出していないメーカー(たとえばニコン)は,
このオートフォーカス機能付きCMOSを搭載してくるのではないだろうか.
[PR]

by mayasuke | 2010-06-13 17:29 | ガジェット

ブログトップ




by mayasuke
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Synvie
Web2.0
ハードウェア
一般
プログラム
未踏ソフト
ガジェット
未分類

以前の記事

2010年 06月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 03月
2007年 10月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
デッケーーーおぱいw
from むろい

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧